施工例を参考にする|新築の一戸建てに住むなら色々と調べておこう|失敗しない物件購入
家

新築の一戸建てに住むなら色々と調べておこう|失敗しない物件購入

施工例を参考にする

住宅

震災の影響がある

地震に強い家が人気になってきたのは、明らかに東北大震災の影響があります。木造の古い家屋は耐震強度が低いため、震度が低くても壊れてしまうことがありました。その点、現代的で耐震強度の高いものは、震度が高くても壊れていないところがほとんどです。特に地震の多い地域にこれから家を建てようと考えている人は、地震に強い家を建てるようにしましょう。施工業者の方でも、最近は地震に強い家をコンセプトにしているところが多くなってきています。有名な施工業者から順番に、ホームページをチェックしていきましょう。地震に強い家はどんなふうに造られるのか、施工の工程をきちんと載せているところもあります。どのようにすれば安全で安心な家を造れるのか、調べておきましょう。

耐震強度が高い

地震に強い家は耐震強度が高いということです。柱を一本だけにするのではなく、何本も合わせて強度を高くしていきます。そうすることで、ちょっとした揺れでもグラグラと家が揺れることもありません。もちろん、地盤調査も重要となってきます。地盤が安定していないところなら、さらに強度を高めなくてはなりません。最近は、土地を購入する前に、地盤調査をサービスでしてくれる業者が増えてきています。建売住宅を売りに出す場合も同様です。きちんと耐震性を調べた上で売りに出されているので、安心して購入することができます。地震に強い家を購入したいのなら、この点を重視して選んでみましょう。耐震調査結果を比較した上で購入した方が安心です。